肋鎖症候群は、腕へ行く神経や血管が肋骨と鎖骨の間を通る時に圧迫されて手指や腕の痺れや肩こりが起こる症状をいいます。

重い荷物を持つことが多い方や姿勢の悪い方、なで肩の女性などに多く発症します。

つり革を持つような腕を上に挙げる動作で特に痛みや痺れを感じます。

 

治療は骨と骨の間で絞扼されて痛みが発症するのでその隙間を広げます。

そのためにマッサージで骨を本来の位置に戻したり、回りの筋肉を緩めて神経や血管の圧迫を緩和します。

その結果痛みや痺れは改善しますが、姿勢の悪さや負担のかかる作業でまた症状がでてしまいますので、簡単に出来るストレッチや正しい姿勢の指導も致します。

また、自然治癒を促す鍼治療を併せてすることにより、痛みの緩和効果を上げたり持続性を高めたりすることができるので鍼治療に抵抗のない方にはお勧めしています。

首や肩をほぐしても症状が改善しない方はもしかすると肋鎖症候群かもしれません。

是非一度当院にご相談ください。

 


勝どき駅×接骨・整骨部門
2017年05月時点

勝どき鍼灸整骨院情報

勝どき鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 勝どき鍼灸整骨院
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-9-14 富永ビル3F
電話番号 03-5144-0201
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:45 【土曜】10:00~17:45
アクセス方法 【電車】大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩0分
診療時間
【平日】10:00~20:45
【土曜】10:00~17:45