腰痛

一つの原因で症状が出るものや
いくつかの原因が混合して
おこるものと様々。

いくつかの症名を上げてみると急性腰痛症・ぎっくり腰・腰部椎間板症・椎間板ヘルニア・骨粗鬆症(骨の変形)・骨盤や背骨などの歪み・筋肉バランスの崩れなどがあります。

他の治療院に行ったが治らない、同じ姿勢を続けていると痛みが出る、季節の変わり目に腰を痛めやすいなども何らかの原因があります。
勝どき鍼灸整骨院では、腰痛に対して経験あるスタッフがこれらの症状にそれぞれ対処できる治療を行います。
当院は、治療が終わった後に患者様から「痛みがなくなった!」「歩きやすい!」「真っ直ぐ立てる」など喜びの声を多く頂いております。

腰痛の治療は早期治療が有効

勝どき鍼灸整骨院の腰痛治療は、しっかりと経験と技術を持った治療家による手技、マッサージを軸に急性期にはアイシング治療、鍼治療そして手技治療や温熱治療、電気治療で腰痛を治していきます。

患者さんの辛い痛みを出来るだけ早く無くし体の負担を減らすように日々心掛けています。
腰痛治療には、早期治療が有効です。少しでも違和感、痛みがあると思ったら、腰痛治療で高評価の勝どき鍼灸整骨院へご相談ください。
必ず一人一人に効果的な治療を提供し治します。

腰痛の軽減・予防として背中~腰~下肢の筋肉を良い状態で保つこと。

下肢の筋肉が疲れてくると腰にかかる負担を軽減できずに関節に負担が掛かり痛みを誘発しやすくなります。
お風呂にゆっくりとつかり血行を良くする、ストレッチなどの運動で筋肉を動きやすい状態にしておく、腰回りを常に温めておくなどの対処法が色々ありますので、勝どき鍼灸整骨院では一人ひとりに合う体のケア方法をお伝えしています。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は急性症状ですので
保険適応範囲内です。

ぎっくり腰は非常に重たいものを持とうとしたときなど腰部に過度の負担が掛り起こる症状ではありません。
何気ないちょっとした動作がきっかけで起こることが多いのです。

<例>
・床からちょっとした雑誌を拾ったとき
・朝の洗顔で腰と背中を丸め前かがみになったとき
・不意に強い咳やくしゃみをしたとき

これぐらいで?と思うような動作で起こりやすいのがぎっくり腰です。
何とか歩けるものから横になると起き上がるまでが地獄の苦しみのような激痛があるものまで程度の差こそあれ非常につらい痛い症状が特徴です。
またぎっくり腰は急性症状ですので保険適応範囲内です。
勝どき鍼灸整骨院は、国家資格である柔道整復師が常時いる整骨院ですので治療も保険適用も安心してできます。

ぎっくり腰の治療で大事なのは
状態を見極めることが大事

ぎっくり腰の治療で大事なのは痛めた場所がその時にどの状態かを見極めることが大事です!
今は冷やした方が良いのか、温めた方が良いのか、どのような治療アプローチが効果的なのかなどの判断を経験豊富なスタッフが判断し、手技、鍼治療、冷温罨法、矯正、電気治療などで治療していきます。
ぎっくり腰は早く痛みを取らないと日常生活やスポーツ、仕事、家事、学業などに差し支える為、ぎっくり腰を早く治したい方は、勝どき鍼灸整骨院にお任せください。

椎間板ヘルニア

背骨のクッションである
椎間板が突出した状態
椎間板ヘルニアです。

腰椎の椎間板に強い圧力が加わって中の髄核がズレると、線維輪を圧迫したり、ときには突き破ったりして椎間板が外に飛び出た状態をヘルニアといいます。
ヘルニアが腰椎の後方を走る神経を圧迫すると足腰に激痛やしびれが起きます。しかし、足腰に激痛やしびれがあるからといって、ヘルニアと診断することはできません。
レントゲンを撮っただけで、「腰椎の骨と骨の間が狭くなっているのでヘルニアです」と診断される方がいます。しかし、実際には、MRIを撮らないとヘルニアがあるのか?ヘルニアの程度がどの程度なのかは分かりません。
整形外科でヘルニアと診断された方は勝どき鍼灸整骨院にご相談ください。

膨隆型(突出型)

椎間板そのものが膨れ上がるものです。



脱出型

椎間板の内部が亀裂から飛び出すものを指します。



遊離脱出型

繊維輪をはみ出た髄核がさらに靭帯を突き破り、椎間板から完全に離れてしまって、脊柱管の内部に遊離したような形になります。



ヘルニア治療は日々のお身体のメンテナンスがとても大切です。

整体治療から矯正、鍼灸を利用して治療を行います。
鍼灸治療では、血管を広げて血液の流れを良くします。その結果、腰の奥の方の「むくみ」も改善されます。また、筋肉の固さも取れるので、筋肉やむくみが神経を圧迫することも改善されます。
背部・股関節・骨盤・大腿部・ふくらはぎの筋肉や関節を柔らかくする必要があります。勝どき鍼灸整骨院では、マッサージや整体を加えて、この歪みや姿勢不良を矯正し改善していきます。