長距離ランナーによく見られる怪我で、ランナー膝(腸脛靭帯炎)があります。

腸脛靭帯は腿の外側の足の付け根辺りから膝まで一直線に伸びている靭帯です。

これが、膝の曲げ伸ばしの際に大腿骨の外側上顆の前後を行ったり来たりするため、靭帯が擦れて炎症を起こしてしまいます。

膝の外側が痛み、最初は休むと痛みは治まりますが次第になかなか痛みが消失しなくなります。

ランナー膝になってしまったらまずは運動は止めて靭帯を休ませてアイシングをすることが重要です。

 

腸脛靭帯は腸骨(腰の前側の骨)に着く大腿筋膜張筋から伸びてから足の外側を通って脛骨外側顆や腓骨頭(膝下の骨の外側)で終わるとても長い靭帯です。

O脚の

治療は、ますアイシングをして、この靭帯の緊張を緩めるために股関節から膝下の側面をマッサージします。

また、筋肉を緊張を緩める効果を上げることと、自然治癒能力によって炎症を抑える目的で鍼治療が効果的ですので併せてお勧めしています。

 

 


勝どき駅×接骨・整骨部門
2017年05月時点

勝どき鍼灸整骨院情報

勝どき鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 勝どき鍼灸整骨院
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-9-14 富永ビル3F
電話番号 03-5144-0201
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:45 【土曜】10:00~17:45
アクセス方法 【電車】大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩0分
診療時間
【平日】10:00~20:45
【土曜】10:00~17:45