五十肩という言葉を良く耳にすると思います。

今回は五十肩についてお伝えしていきたいと思います。

まず五十肩と肩こりの違いについてです。

・五十肩は筋肉や滑液包(関節の間にあり、関節の動きをスムーズにする役割)などに炎症が起こることで痛みが生じます。

肩こりは筋肉が姿勢不良や筋肉が働いたままの状態で動きにくくなったことによって肩に重だるい感覚を生じることによってこりを自覚します。

五十肩の原因については明らかになっていません。40代後半〜60代前半の方に見られます。

五十肩の方が肩を抑えると痛くなるポイントが下図にございますので是非チェックに活用してみてください。

(体の前)

五十肩前

(体の後ろ)

五十肩後

 

・急性期(発症してから1〜2ヶ月)

初期段階で炎症が起こったばかりのことで、強い痛みや痛みによる運動制限、痛みで眠れないなどの症状が見られます。

・慢性期(発症してから2〜3ヶ月)

痛みが急性期ほどではなく眠れるようになり、痛みが重い感じの痛みになります。肩の動かせる範囲も狭くなりそれ以上動かそうとすると痛みが生じます。

・回復期(発症してから3〜6ヶ月)

痛み、動かせる範囲も徐々に改善し動かしやすくなりますが可動域は完全には戻っていません。

 

五十肩になってしまった時にできる対処方です。

・急性期

痛みが出て、3〜4日間は急な炎症である為炎症を抑える為に冷やすことが有効です。

激しい痛みが治まった後に温めて血流を促していきます。

・慢性期

激しい痛みも取れた為、関節の動く範囲を大きくする為に肩を痛まない程度無理のない範囲で動かしていきます。

この期間は肩を冷やさず温めることが大切なので、お風呂の入浴やカイロを使うなどをして温めていきましょう。

・回復期

痛みもなく肩も動かしやすくなりますが、この期間で動かすことを辞めてしまうと癒着といって関節の動きを制限してしまい、元に戻らなくなってしまう場合がございますので、継続して動かしていきましょう。

 

治療方法として当院では、マッサージや鍼灸治療で筋肉や組織の血流を良くする治療をしていき、完治までサポート致します。

 

他にもお体の不安やお困りの点がございましたら是非気軽にご相談ください。

勝どき鍼灸整骨院情報

勝どき鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。

混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 勝どき鍼灸整骨院
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-9-14 富永ビル3F
電話番号 03-5144-0201
休診日 年末年始
診療時間 10:00~20:30
アクセス方法 【電車】大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩0分
診療時間
10:00~20:30

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容