ランニング・ジョギング・サッカー・ダンス・ゴルフ・格闘技などのスポーツをされている方や、様々なスポーツ選手が股関節の痛みで中央区勝どき・月島・豊洲エリアの勝どき鍼灸整骨院に多数来院され、治療後に復帰されています。

この股関節はとても重要な働きをしていますので少しばかりご説明いたします。

関節は骨盤と大腿骨で形成された球関節です。骨盤は仙骨と寛骨という腸骨と坐骨と恥骨の集まりで出来ていて、寛骨にある寛骨臼というくぼみに大腿骨がはまるような形で股関節が成り立っています。球関節とは球状に形成されている関節の事で、他の関節に比べて可動域が広く、自由性の高い形状の関節です。球関節は肩関節と股関節の2つがありますが、股関節は肩関節に比べて可動性は劣るものの、その分安定性が高く大きな負荷には耐えられるように作られています。体重が大きくのしかかる為、関節を包む関節包は強靭な靭帯で補強されています。その周りにお尻周りの筋肉が覆っています。

股関節の主な役割は、体幹と足を繋いで上半身の動きや重さを支えることです。これは普段何気なくしていることですが、実はすごい事なのです。カメラなどで使う三脚がありますが、立って支えるには3点支点が安定するので適しています。通常2点支点で支えるにはかなりのバランスが必要なのですが、股関節はそれを容易にしてくれる役割も持っているのです。
また立つだけでなく、座る、歩く、走る、跳ぶ、蹴るなどの足を使った動きにおいて、股関節はその動きを補佐する非常に重要な役割があります。

これだけ重要な機関である股関節に少しでも不具合が生じると、色々な動きに制限が科せられてしまう為、非常に厄介というわけです。

これだけ普段から負担がかかってる関節に、スポーツの前後にしっかりとストレッチをして関節周りの筋肉をしっかり伸ばしたり、筋肉を鍛えて負担を軽減していない方が多くみられます。

安易にインターネット等を見て痛みに対して良しとされてるものを真似して逆に痛みがでることも多いです。それはその筈、年齢、筋力、運動年数、運動量によって、お尻の筋肉は変わってきます。関節を内外に動かす、前後に動かす、捻る、またはその複合の動作により、立つ、立ち上がる、支える、歩く、走る、と様々な動きをします。その為、人によってできる動作とできない動作が違うので、治療も症状に合わせて行わなければなりません。

また、ストレッチされている方にお聞きすると、まれにストレッチする箇所が違っていたり、方法があまり効果的でないことがあります。股関節周りには股関節のストレッチと併せて大腰筋をストレッチしてください。大腰筋は腰椎の前面から股関節の付け根に付着する筋肉で腰痛や骨盤の歪み・股関節痛に関係する重要な筋肉です。ほとんどの腰痛治療でも大腰筋をアプローチする治療家が多いと思います。方法については来院時にお尋ねください。

また、大腰筋と切っても切れない関節が仙腸関節。仙腸関節の矯正をしないと根本的な股関節痛の改善がされていないために大腰筋の緊張がとれなかったり、大腰筋への負荷がくり返しくり返しかかることになります。

中央区勝どき・月島・豊洲エリアの勝どき鍼灸整骨院では股関節痛の治療では、必ず骨盤矯正・仙腸関節の矯正をします。股関節・大腰筋への根本的な負荷を改善していくと同時に骨盤と肩甲骨との連動性や下肢との連動性をだす治療をしています。

病院や整形外科の治療ではレントゲン・MRIの検査、痛み止めの薬の処方がほとんどだと聞きます。スポーツで出る股関節の痛みは治るので、病院の治療で満足できないなら一度、中央区勝どき・月島・豊洲エリアの勝どき鍼灸整骨院へご来店ください。

ただし、股関節の痛みには人工骨頭をいれる必要がある重篤なものもあるので病院や整形外科の精密検査は必要です。(特に中高年の股関節痛は注意!)

問診票にご記入頂き、問診時にもしっかりとお伺いし、可動域等のチェックをしっかりとしますのでその際に不明な点は気兼ねなく何でもご相談ください。

勝どき鍼灸整骨院情報

勝どき鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 勝どき鍼灸整骨院
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-9-14 富永ビル3F
電話番号 03-5144-0201
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:45 【土曜】10:00~17:45
アクセス方法 【電車】大江戸線勝どき駅A2a出口より徒歩0分
診療時間
【平日】10:00~20:45
【土曜】10:00~17:45